FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チヌ釣りの鉄板地磯!島勝・和具の浜地磯(釣り場ガイド・三重)

■島勝・和具の浜地磯

20150228島勝・和具の浜地磯1
(島勝・和具の浜地磯)…チヌ釣りの鉄板地磯です!


■島勝・和具の浜地磯ポイント図

03_島勝・和具の浜地磯


■島勝・和具の浜地磯について

チヌの鉄板釣り場です。

特に、春の乗っ込みシーズンと、11月~1月にかけての晩秋の時期にはアブレは非常に少なくなります。

少し波立っている時は更に確率が高く、私自身もここに入るたびに1枚~3枚のチヌを釣っています。



この釣り場は、数はそれほどでもないですが型がいいことが特徴です。

もう何年もここで釣りをしていますが、40cm未満のチヌを釣った記憶がほとんどありません。

アベレージは45cm~48cm、最大は52cmです。



静かな内湾の磯ですので、静かに釣りのが重要です。

マキエも一度にドカンと撒くのではなく、グレ釣りのように少量をパラパラと頻繁に撒くのがいいと思います。



ポイントは竿2本以内、3ヒロ前後のタナで、際勝負です。

沖にポイントを作ろうとすると、狙いがぼやけてしまう傾向にあります。



本命釣り座はAです。

Bもやれますが、Aと同じポイントを釣ることになりがちです。

Bではアオリイカ狙いが正解かと…。



従って、定員は1人。

仲間内なら2人かと思います。

ここに1人、ハナレ(別途紹介)に1人というのが理想的です。



時合はスバリ夕方です。

日の高い内はまったく気配がなくても、夕方にはチヌの回遊があると思います。

回遊するチヌをマキエで足止めして釣るイメージです。



この磯の釣況は、島勝のイカダの釣況と似ています。

イカダで好釣果があれば、ここでも釣れる確率が高いと思われますので、ご参照ください。

(釣況ガイドでもお知らせしています)



尚、ここへのルートの途中、ブロックと岩場との間が溝になっています。

ブーツなら潮位135cm以下の時が渡りやすいでしょう。

また、ハナレにはブーツなら潮位110cm未満の時が渡りやすいと思います。



■釣り場までのルート

紀勢道海山ICから引本浦を経由して島勝漁港に向かいます。

島勝漁港の白灯側の奥にトンネルがあって、これ抜けると駐車場です。

駐車場のすぐ下が和具の浜の海水浴場になっています。

釣り場は、この和具の浜の左端にあります。

駐車場から徒歩3分程の至近距離です。

先行者の有無は島勝漁港に入る手前の下り坂のところから確認できますので便利です。


20150228島勝・和具の浜地磯2
(和具の浜駐車場)…駐車場から徒歩3分の楽々地磯です!





■アルバム

20150228島勝・和具の浜地磯3
(Aポイント付近)…足元から水深があります!

20150228島勝・和具の浜地磯4
(Bポイント付近)…アオリイカ釣りでも定評があります!

20150228島勝・和具の浜地磯5
(和具の浜)…砂浜を横切るとすぐに釣り場です!

20150228島勝・和具の浜地磯6
(鳥居の磯)…赤い鳥居が目印です!

20150228島勝・和具の浜地磯7
(ルートの溝)…ブーツなら潮位135cmが目安です!

20150228島勝・和具の浜地磯8
(ハナレ)…ブーツなら潮位110cmが目安です!(詳細は別ページで)

20150228島勝・和具の浜地磯9
(トイレ)…駐車場にはキレイなトイレもあります!


■■■釣り場ガイド・三重■■■


■■■関西釣りガイド|磯、波止、アオリ、釣り場をガイド■■■


スポンサーサイト

雄大な景勝地でグレ釣りを!鬼ヶ城・千畳敷(釣り場ガイド・三重)

■鬼ヶ城・千畳敷

20141116鬼ヶ城1・千畳敷
(鬼ヶ城・千畳敷)…雄大な景色を眺めながら釣りができます!


■鬼ヶ城・千畳敷ポイント図

03_鬼ヶ城千畳敷


■鬼ヶ城・千畳敷について

この鬼ヶ城は奇岩の連なる観光地ですが、その遊歩道に沿っていくつもの磯釣り場があります。

釣り場によっては西の木本側から入ったほうが近い場合がありますが、この千畳敷は鬼ヶ城センターの方から入った方が便利です。

ここのターゲットはズバリ、グレです。

冬場には35cmクラスまでなら高確率で狙えます。

aの潮が釣りやすいですが、逆でも釣果がでます。

アオリイカも夏場を除いて、かなり長い期間狙えます。

ここの難点はギャラリーの多さで、遊歩道の中でも絶景の場所なので、長い時間観光客が立ち止まります。

私の釣り友達の中には、このギャラリーのために、ここだけは嫌だという人もいます。(私はそんなに気にならないのですが…)

尚、降りてしまえば足場はいいのですが、降りるところに一部段差がありますので注意をお願いします。


■釣り場までのルート

紀勢道・国道42号線を南下し、尾鷲から熊野に向います。

尾鷲・熊野間の峠を降りると大泊で、熊野市街に入る手前、鬼ヶ城トンネルの手前で左折すると鬼ヶ城センターの駐車場(500円)です。

千畳敷にはこちらからが便利です。

釣り場までは遊歩道に沿って5分ほどです。


20141116鬼ヶ城9・遊歩道
(ルート)…駐車場からのルートはこのような遊歩道です!





■アルバム

20141116鬼ヶ城2・千畳敷
(左側)…グレの絶好のポイントです!

20141116鬼ヶ城3・千畳敷
(左側)…上はフラットですが、釣り座は前下がりです!

20141116鬼ヶ城4・千畳敷
(磯崎方向)…更に左は磯崎方向になります!

20141116鬼ヶ城5・千畳敷
(千畳敷)…威容を誇る景観です!

20141116鬼ヶ城6・前島方向
(前島方向)…見晴らしの良さは抜群です!

20141116鬼ヶ城7・奥の木戸方向
(右手)…右側は奥の木戸方向になります!

20141116熊野・マブリカ
(熊野灘)…正面には熊野灘、そしてマブリカが浮かびます!


■■■関西釣りガイド|磯、波止、アオリ、釣り場をガイド■■■


手軽な波止で磯釣り気分が味わえる!南張海浜公園(釣り場ガイド・三重)

■南張海浜公園

20141115南張海浜公園1
(南張海浜公園の波止)…河口の岩礁地帯にある波止です!


■南張海浜公園ポイント図

03_南張海浜公園


■南張海浜公園について

普段磯釣りをされている方には、こんなところで釣れるのか、と思われる方も多いのでないでしょうか。

右側は、河口の波止といってもほとんど川の中を釣るような気分です。



勿論、本命ポイントはAで、沖向きを釣りますが、このような防波堤に場合、先端は潮流が一定せず、マキエとサシエを合わせるのが難しい時があります。

基本的には沖の海草帯の向こう側でヒットしてきますので、マキエを遠投するなどの工夫が入ります。



やや波っ気のある時は、断然Bの釣果の方がよくなります。

ウネリの状況次第ですが、グレ・チヌともに川のやや上流に避難するのではないかと思います。

このような時はBで大釣りが可能です。

タナは2ヒロ半まで。

浅めで十分です。



尚、ポイント図には書けていないですが、左側もいいポイントです。

コツはステ石の際を狙うこと。

潮位の高い時が狙い目です。



■釣り場までのルート

京阪神・名古屋方面からですと伊勢自動車道を使い、玉城ICから県道を南に向かうのが走りやすいルートだと思います。

海岸に出た所から国道260号線を浜島方面に向かいます。

浜島の西側にある、大規模なキャンプ場や海水浴場のある施設が南張海浜公園です。

ここの駐車場を利用します。

夏季以外は閑散としていて、無料です。

ここから波止まではゆっくり歩いて3分程度。

南張川沿いを歩いた方が楽に入れます。


20141115南張海浜公園9
(駐車場)…キレイな駐車場にトイレもあります!





■アルバム

20141115南張海浜公園2
(全景)…波止ですが磯釣り気分が味わえます♪

20141115南張海浜公園3
(波止)…足場はいいですが、穴に落ちないように注意が必要です!

20141115南張海浜公園4
(左角)…ここがベストポイントかも♪

20141115南張海浜公園5
(左角)…ステ石の際を狙ってみてください♪

20141115南張海浜公園6
(左側)…ポイント図には書いてないですが、ここもいいポイントです!

20141115南張海浜公園7
(右角)…河口側もナイスポイントです♪

20141115南張海浜公園8
(砂浜)…こちらではキス釣りを♪



■■■関西釣りガイド|磯、波止、アオリ、釣り場をガイド■■■


徒歩3分、湾内地磯で大型グレ・チヌ!紀伊長島・赤岩(釣り場ガイド・三重)

■紀伊長島・赤岩

20141101紀伊長島・赤岩1
(紀伊長島・赤岩)…グレ・チヌの大型とアオリイカが釣れます!


■紀伊長島・赤岩ポイント図

03_紀伊長島・赤岩


■紀伊長島・赤岩について

この紀伊長島・赤岩は、駐車スペースから約5分とアクセスしやすく、あらかじめ先行者の有無も確認できますので便利な釣り場です。

普通、アクセスしやすい釣り場は場荒れがひどいことが多いですが、ここはそうでもないようです。

グレの45cmクラス、チヌの50cmクラスが十分狙えます。

定員はA、B,C、それぞれ1人づつの計3人です。

A、Bの足場はあまりよくないですから、十分に注意してください。

Aはグレ狙いのポイントで、テトラ側のワンドを攻めると良型のグレがきますし、前方のサラシもいいポイントです。

右前方に出る流れの時には、沖のほうでヒットすることもあります。

Bもグレ場でサラシを攻めます。右手の根越しでよくヒットしますが、取り込みはかなり厳しいです。

Cはチヌ場で、前方のテトラに向かって30mほど先がよくヒットしてくるポイントです。

このCでは、35cm~40cmのチヌの数釣りも可能です。

グレは11月から2月、チヌは1月から4月がベストではないかと思います。

釣り座の足場はよくないですから、十分注意をお願いします。


■釣り場までのルート

国道42号線片上南の交差点を左折し、孫太郎トンネルを過ぎて、紀伊長島市街に向かって右折します。

道なりに進むと片上池水門に着きます。

ここに駐車スペースがありますので、付近の通行に邪魔にならないように駐車します。

この駐車スペースから約3分で釣り場です。


20141101紀伊長島・赤岩6
(駐車スペース)…磯のすぐ北側にあります。




■アルバム

20141101紀伊長島・赤岩2
(赤岩)…湾内の磯ですが、侮れません!

20141101紀伊長島・赤岩3
(ルート)…途中まではルートはしっかりしています。

20141101紀伊長島・赤岩4
(地方のポイント)…手前の岩場でも釣りができます。

20141101紀伊長島・赤岩5
(ルート)…護岸のようなルートで楽々です。


■■■関西釣りガイド|磯、波止、アオリ、釣り場をガイド■■■



スポンサードリンク

最新記事

スポンサードリンク2

ランキング


にほんブログ村
                                                   
磯釣り ブログランキングへ

counter

プロフィール

ヒロキ

Author:ヒロキ
釣りきちヒロキです。関西の釣りをガイドします。地磯釣り場、波止釣り場の紹介。釣果や釣況、水温まで、徹底的にガイドです。よろしくお願いします。

最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。