FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北西風の時にオススメの地磯!田子・クエ床・東側(釣り場ガイド・和歌山)

■田子・クエ床・東側

20141231クエ床・東側1
(クエ床・全景)…徒歩3分、至近距離の好場です!


■田子・クエ床・東側のポイント図

03_クエ床東側


■田子・クエ床・東側について

冬型になって北西風が強くなると、和歌山では北西風を避けられる釣り場に悩みます。

そんな時に重宝なのがこの釣り場です。



北西風は背中からになるので、あまり気になりません。

駐車スペースから徒歩3分というのも魅力です。

難点は磯が低いためブーツだと潮位150cm以下でないと入りにくいということでしょうか。



そのことを考慮してもここはグレ釣りの好場だと思います。

グレだけではなく、アオリイカも濃い海域ですので、ヤエンの人やエギングの人もよく見かけます。

少し波っ気のある時には、50cmクラスのヘダイもひっとしてきて、強引を楽しませてくれます。



ポイントはA・Bの2ヶ所が考えられますが、Aが本命ポイントです。

Bは浅く、やや釣りにくいポイントかと思います。

できれば、1人でAで釣るのが一番でしょう。



Aも右に大きな根があり、水深もさほどないですから、大型の取り込みには苦労します。

強引に寄せてくるように意識された方がいいのではないでしょうか。



尚、このワンドはダイビングの方も利用されます。

トラブルのないよう注意をお願いいたします。



■釣り場までのルート

釣り場の北側を通る国道42号線の路肩に駐車スペースがあります。

ここから道路を横断して、降り口の階段を通り、3分程でポイントに到着します。

道路は見通しが悪いですから、横断の際には十分気をつけてください。

比較的安全な地磯ですが、ライフジャケットと磯ブーツの装着もお願いいたします。


20141231クエ床・東側2
(駐車スペース)…道路の横断には注意してください!





■アルバム

20141231クエ床・東側3
(地方寄り)…このワンドを釣ります!

20141231クエ床・東側4
(先端)…A・Bポイント付近、足場は良好です!

20141231クエ床・東側5
(西方向)…田子崎のホーシが見えます!

20141231クエ床・東側6
(中央方向)…ここには東、中央、西の3つのポイントがあります!

20141231クエ床・東側7
(降り口)…駐車スペースの近くに階段があります!

20141231クエ床・東側8
(降り口)…階段の上が駐車スペースです!


■■■関西釣りガイド|磯、波止、アオリ、釣り場をガイド■■■


スポンサーサイト

迫力の地磯は大物場!村島磯・先端右(釣り場ガイド・和歌山)

■村島磯・先端右

20141229村島磯・先端右1
(村島磯・先端右)…平坦な地磯は満潮時には水没します!


■村島磯・先端右ポイント図

03_村島磯・先端右


■村島磯・先端右について

村島磯は、道の駅・志原の南に広がる大きな地磯です。

南紀を代表するような有名な地磯ですが、干潮時限定の釣り場ということもあって、場荒れはほとんど感じません。



満潮時には広大な地磯のほとんどが水没します。

また、低い平坦な磯のため、少しの波でも這い上がることがあるので、なかなか思い通りに入釣できないポイントです。

特に、ここで取り上げる先端右側は、この地磯の本命ポイントですが、沖からの波・ウネリを直接受ける場所なので、安全には十分注意をお願いします。



ここの狙いはグレです。

ズバリ50cmのグレが期待できます。

迫力のある大物場と言えるでしょう。



先端右側に限れば、定員は仲間内でかろうじて2人。

潮が速かったり、サラシが大きかったりすると、定員は1人になります。

ただ周囲にはポイントがたくさんあるので、ここに固執する必要もないかと思います。



この先端右側は、左から出るサラシと左右に流れる潮を利用しての釣りになります。

際・サラシ・潮目、と狙いを定めて攻めることができるある種教科書的な釣り場だと思います。



グレのアベレージは35cm前後ですが、まれに50cmクラスがヒットしてきます。

それに対応できる道具立てで臨まれることをオススメします。



グレの他には、潮の寄りつきがいいためか、青物の回遊も期待できる地磯です。

潮を攻めて青物、サラシを攻めてヒラスズキ、というルアーゲームも面白い地磯かと思います。



■釣り場までのルート

道の駅・志原の東端に車を止めます。

ここの駐車場から村島磯の全景が見えますので、先行者の有無などが確認できて便利です。

駐車場から磯までの所要時間は約5分。

至近距離の本格的な地磯です。


20141229村島磯・先端右2
(道の駅・志原)…ここに駐車します!





■アルバム

20141229村島磯・先端右3
(先端右)…迫力の地磯です!

20141229村島磯・先端右4左側
(左側のサラシ)…このサラシの強弱で釣果が分かれます!

20141229村島磯・先端右5東側
(東側)…こちらにもポイントがたくさんあります!

20141229村島磯・先端右6全景
(全景)…徒歩5分と至近です!

20141229村島磯・先端右7全景
(全景)…干潮時にはご覧の通り、陸地になります!


■■■関西釣りガイド|磯、波止、アオリ、釣り場をガイド■■■


串本東側の水温は低下し前年より低い!(水温ガイド・串本東側 12/25)

串本東側の水温は、25日現在で16.1度と、横ばいの状態です。

これで平年に比べて、▲1.3度低い状態で、低水温の状況は変わりません。

黒潮は、潮岬にほぼ接岸し、大王崎沖をやや離岸います。

この離岸による反転流で、熊野灘には暖水が流入しています。


01_水温_串本東側

01_水温グラフ_串本東側



■■■水温ガイド・串本東側■■■


■■■関西釣りガイド|磯、波止、アオリ、釣り場をガイド■■■


串本西側の水温はわずかに上昇!(水温ガイド・串本西側 12/25)

串本西側の水温は、25日現在で17.8度まで上昇しました。

安定した上昇の仕方ですので、いい状況ではないかと思います。

黒潮は、潮岬にほぼ接岸し、大王崎沖をやや離岸して流れています。

この離岸による反転流で熊野灘側に暖水が流入しています。


02_水温_串本西側

02_水温グラフ_串本西側


■■■水温ガイド・串本西側■■■

■■■関西釣りガイド|磯、波止、アオリ、釣り場をガイド■■■


若狭の水温は10度、低水温が続く!(水温ガイド・若狭 12/24)

若狭の水温は、12/24現在で10.0度と、非常に低くなっています。

平年より、▲3.3度も低く、水温の低かった前年より▲0.7度も低い状態です。

今年の強い寒波が大きく影響しているようです。


00_水温_舞鶴

00_水温グラフ_舞鶴



■■■釣況ガイド(若狭)■■■

■■■釣り場ガイド(福井)■■■

■■■釣り場ガイド(京都)■■■

■■■関西釣りガイド|磯、波止、アオリ、釣り場をガイド■■■


三重は水温低下でグレが不調!(釣況ガイド・三重19 12/24)

三重の釣況情報をガイドします。

是非、楽しい釣行のご参考になさってください。



●全般状況・水温・黒潮



三重では、グレの調子が上がりません。

不調です。

チヌも不調状態が続いています。

アオリイカは少し上向きです。



水温は、志摩地域では横ばい、紀東地域では下降傾向で推移しています。

現在のところ、志摩地域は16度前後、紀東地域では14度~15度台のところが多くなっています。

黒潮は、潮岬にほぼ接岸し、熊野灘を東に直進しています。

熊野灘の低水温傾向は続く見込とのことです。



●グレ



グレは水温低下の影響で、かなり調子を落としました。

昨年・一昨年の同時期より、かなり悪い状況です。



そんな中ですが、沖磯でのオススメは、古和浦・錦、このあたりです。

志摩地域の方が若干水温低下がマシな状態です。

地磯(含む波止)では、贄浦・神前浦・古和浦・錦・紀伊長島、このあたりがオススメです。

低水温、潮裏状態、この二重苦の状況から脱してほしいものです。



●チヌ



チヌは横ばいですが、不調です。

昨年の同時期と比べてもかなり悪い状況です。



こんな中ですが、沖磯でのオススメは、古和浦・尾鷲、このあたりです。

チヌはグレより、水温低下の影響は少ないようです。

地磯(含む波止)では、田曽浦・贄浦・紀伊長島、このあたりかと思います。

イカダ・カセでも、調子は落ちています。



●アオリイカ



アオリイカは少し上向いています。

但し、昨年・一昨年の同時期に比べるとかなり悪い状況です。



沖磯では、阿曽浦・贄浦、このあたりをオススメします。

地磯・波止では、田曽浦・贄浦・奈屋浦・紀伊長島、このあたりがオススメです。

イカダでは、方座浦・古和浦・島勝、このあたりかと思います。

どちらかというとアオリイカも志摩地域の方がいい感じです。



20141224鬼ヶ城・奥の木戸方向
(鬼ヶ城)…雄大な地磯です!



■■■関西釣りガイド|磯、波止、アオリ、釣り場をガイド■■■


和歌山は全般に釣況が上向き!(釣況ガイド・和歌山18 12/23)

和歌山の釣況をガイドします。

是非、楽しい釣行のご参考になさってください。



●全般状況・水温・黒潮



和歌山の水温は、紀北・中紀・南紀ともに下降傾向で推移しています。

現在、紀北では14度前後、中紀では15度台、南紀では18度台のところが多いようです。

紀北・中紀では前年よりやや高めで、南紀はほぼ前年並になっています。

黒潮はほぼ潮岬に接岸し、熊野灘を東に直進しています。



和歌山では、グレはやや数が少なくなりましたが、まずまずの状況をキープしています。

そろそろ寒グレのトップシーズンです。

また、チヌとアオリイカは、ともに復調気配があります。



●グレ



グレの調子はまずまずの状況です。

よくをいえば、もう少し数が出るといいのですが…。

数は、前年の同時期より少し少なくなっています。

あだ、二ケタ釣果もありますし、数釣りも十分期待できるかと思います。

グレ狙いは、今がチャンスです。



沖磯では、すさみ・口和深・見老津・大島、このあたりがオススメです。

地磯・波止でのオススメは、すさみ・和深・舟並・田子・出雲崎・須江崎・大沛崎、このあたりかと思います。

グレは今のトップシーズンに、思い切り楽しみたいものです。



●チヌ



チヌは調子を回復しています。

ただ、昨年の同時期よりいい状況になりました。

沖磯でのオススメは、衣奈・大引・堺・磯間、このあたりです。

特に、磯間がいいように思います。

地磯・波止では、紀ノ川・水軒・栖原・湯浅・唐尾・柏・阿尾・南部・田辺、このあたりがオススメです。

この中では特に、紀ノ川がいいと思います。

紀ノ川は完全にトップシーズンになっています。

チヌは、これから大型のチャンスです。



●アオリイカ



アオリイカも復調の気配があります。

今まで極端に数が少なかったですが、釣果が増えています。

これで昨年の同時期とほぼ同じ状況です。

型の方は順調に伸びていて、キロクラスも多くなっています。

現在のところ、南部・堺・磯間・市江・串本・勝浦、このあたりの海域をオススメします。

アオリイカも今後が楽しみです。



20141223舟並・エビス地磯
(舟並・エビス地磯)…この時期に40cmのグレを!


■■■関西釣りガイド|磯、波止、アオリ、釣り場をガイド■■■


冬型が緩めば日本海でグレを!(釣況ガイド・日本海18 12/22)

日本海側の釣況をガイドします。

是非、楽しい釣行のご参考になさってください。



●全般状況



日本海側は、寒波が続いていますが、グレの状況はよくなっています。

チヌは横ばいですが、フカセで釣りやすい状況のようです。

これから大型が期待できるのではないでしょうか。



●グレ



昨年の今頃は、40cmオーバーが連発しましたが、今年は大型の釣果が少なくなっています。

グレの状況は先週に比べるとかなり上昇していて、昨年の同時期と同じくらいの状況になっています。

あとは40オーバーの連発を期待するのみです。

この時期のオススメは、沖磯では、ズバリ音海です。

出船できる状況なら、期待できると思います。

地磯・波止では、小丹生・河野海岸・鷲崎・丹生・塩坂越・高浜・上瀬、福井ではこのあたりかと思います。

京都では、小橋・蒲入・間人、このあたりです。



●チヌ



チヌは横ばいですが、昨年の同時期より悪くなっています。

数・型ともに見劣りのする状況になりました。

チヌは、丹生・勢浜・小橋・三浜・瀬崎・佐波賀などがオススメです。

佐波賀などはこれから大型が期待できる季節です。

釣りのできる天候であればチャンスなのですが…。



●アオリイカ



アオリイカのシーズンは終了しました。

これからはヤリイカがシーズンインします。



20141222越前・長磯
(越前・長磯)…天候の穏やかな日にグレを狙いたいもの!



■■■関西釣りガイド|磯、波止、アオリ、釣り場をガイド■■■


串本東側の水温は低下し前年より低い!(水温ガイド・串本東側 12/18)

串本東側の水温は、18日現在で16.0度と、更に低下しました。

これで平年に比べて、▲1.6度も低い状態で、低水温だった前年も下回りました。

黒潮は、潮岬に接岸し、熊野灘を東に直進しています。

暖水の流入につながる反転流はまだなく、熊野灘海域は低水温が継続しそうです。


01_水温_串本東側

01_水温グラフ_串本東側



■■■水温ガイド・串本東側■■■


■■■関西釣りガイド|磯、波止、アオリ、釣り場をガイド■■■


串本西側の水温は乱高下し平年を下回る!(水温ガイド・串本西側 12/18)

串本西側の水温は、18日現在で16.6度まで低下しました。

上下動もかなり大きく、いい状況ではありません。

黒潮は、潮岬に接岸し、熊野灘を東に流れています。

この低水温は天候の影響もありますが、西方の離岸の影響も出てきているものと思います。


02_水温_串本西側

02_水温グラフ_串本西側



■■■水温ガイド・串本西側■■■

■■■関西釣りガイド|磯、波止、アオリ、釣り場をガイド■■■



スポンサードリンク

最新記事

スポンサードリンク2

ランキング


にほんブログ村
                                                   
磯釣り ブログランキングへ

counter

プロフィール

ヒロキ

Author:ヒロキ
釣りきちヒロキです。関西の釣りをガイドします。地磯釣り場、波止釣り場の紹介。釣果や釣況、水温まで、徹底的にガイドです。よろしくお願いします。

最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。